前向きな気持ちをいつまでも

生まれた時、物凄く貧乏で食べ物に飢えてて普段あまり沢山食べる事がなかった私ですが、中学辺りになり裕福になることにより、ありとあらゆる美味しい物がすぐに

手に入るようになりました。その事で、小さい頃には食べれなかった物も食べる事が出来るようになり、祖父母からも、育ち盛りだからと沢山食べるように言われたため沢山食べるようになりました。その為、高校生になる頃には身長150cmもないのに60kg近く有り、二重顎も隠せない程に太ってしまい、何を着ても似合わない体になりました。その事で、学校では体型の事で陰口を叩かれるようになり、好きな人にも相手にされない状態になり、服装も可愛い物は合わない状態に。

仲良かった友達から陰口を叩かれるようになった事が一番辛く、今でも頭にその時の記憶が残っています。卒業写真の自分の写真を見ても他の女の子はとても痩せていたので浮いて見える状態でした。太っている事で自信がなくなり、気持ちも卑屈になり、写真に撮られる事自体が嫌になって、恋愛等も諦めていました。そういった事から何とか痩せて可愛く見せたいという気持ちが芽生え、体を動かしたり、食生活を変えていったり等して、だいぶ痩せることが出来ましたがそれでも部分的にお肉が残っている所もありますが、少しでも痩せる事ができて気持ちが前向きになりましたので、何とか、その体型を維持しつつ、なかなか痩せにくい部分的な所も脂肪を減らしていけたらと思っています。

痩せていく事で昔、陰口を言ってきた人を見返し、恋愛面でも頑張れるようになりたいと思っています。


PAGE TOP